事実と真実

Rolleiflex 2.8F  Xenotar80mm/F2.8  PORTRA 160

 

「事実と真実が同じだとは限らないし、事実の裏にある真実に気付くのは容易ではない。」
と時々思います。
それに、「真実は一つだけとも限らない。」
とも思います。

10件のコメント

  1. おはようございます。
    体調があまり良くなく、記事に対してのコメントが浮かんできません。すみません。

    1. REEさん
      おはようございます。
      体調心配です。どうか無理をせずご自愛下さい。

  2. 写りと空間の使い方がとても好みです^^素敵だ!
    難しいけど…うん、私もそう思います。

    1. ゆうみさん
      出先かわざわざコメントして頂きありがとうございます。
      心の入り具合・・・・どうなんでしょうか。

  3. ニーチェが、事実というものは存在しない、存在するのは解釈だけである。
    というような事を言って、良く覚えています。
    厳密にいうと、そういう事だと思います。
    事実はその時々の社会通念でゆがめられるのかもしれません。
    年齢を経るに従って、自分の中のニュートラルな真実に照らし合わせて、行動したいと思うようになってきています。

    1. Koneさん
      僕が言いたかったニュアンスと多少違うかもしれませんが、「真実は一つだけとも限らない。」という部分で言えば仰る通りだと思います。
      上手くは説明出来そうにありませんが、文書を書くのが下手なものでお許し下さい。

    1. engridさん
      そうとも言えますし、また人によって真実は違うのだとも思います。
      同じものを見ていたとしても、見えている世界が同じだとは言えないかもしれません。
      「貴方の真実と私の真実は違う」と言う事でしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。