手水舎にて

Leica MP  Summarit 5cm f1.5   ILFORD DELTA100

 

先日、お茶の水のgallery bauhausで開催されている写真展「ヴェネツィアの夜」を見てきました。
奈良原一高という有名な写真家の名前は何度も聞いたことがあっても、そのプリントを直に目にしたことは正直ありませんでした。
写真展での感想は、「圧倒的」とでも言ったらいいのでしょうか、プリントの美しさは勿論、写真的な美しさというのか・・・僕の少ない語彙力ではとても表現できないほどの感動でした。
モノクロの他にカラーのプリントも2点ほどありましたが、こちらもモノクロ同様のとても美しい写真で、溜息しかでないほど。
今回、この写真展を見ることができて本当に良かったと思います。
とても美しい写真展です。
お勧めです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。